tomura004_edited
tomura005_edited
tomura003_edited
tomura002_edited
tomura007_edited

つまみかんざし

つまみ簪(かんざし)は、正方形に裁断した絹の羽二重を用い、ピンセットを使って巧みにつまんで作られる。

 

作る花によってつまみ方も変わり、「丸つまみ」「角つまみ」「バラつまみ」「スジつまみ」などバラエティに富んでいる。

戸村 絹代

とむら きぬよ

 

母・ひで(元荒川区指定無形文化財保持者)の下で修業して技術を修得し、先代の後を受け継いでいる。

 

羽二重の様々なつまみ方の技法について、実用新案登録・意匠登録を取得した先代の技術を忠実に受け継ぎつつ、かんざしはもちろん、ブローチ、ループタイなど、つまみの技法を生かした新たな製品作りにも取り組む。

 

荒川区登録無形文化財保持者(平成9年度)

 

(荒川区南千住一丁目)