『あらかわ伝統工芸ギャラリー』

 

荒川区ふるさと文化館1階に、『あらかわ伝統工芸ギャラリー』が誕生しました。

​ここは、荒川区伝統工芸保存会の作品常設展示室で、2017年5月2日にオープニングセレモニーと共に開設しました。

 

※以下、「荒川ふるさと文化館だより第37号(平成29年3月31日発行)」からの抜粋です。

 

技を繋ぐ~保存会の活動~

 

「保存会」は、昭和57年(1982)10月の区文化財保護条例施行後に発足した伝統工芸技術の文化財保護団体です。江戸以来の伝統的な技術を守り、後世に継承するために、活発な活動を続けています。「伝統工芸ギャラリー」は、「保存会」の新たな活動の拠点となることでしょう。

 

技を見る~伝統工芸品の展示~

 

「保存会」の会員、区登録無形文化財保持者等の匠の技を、伝統工芸品、記録映像『伝統に生きる』、関連図書により紹介します。入場無料。年に3回程の展示替えを予定しています。

 

技を使う~伝統工芸品の販売~

 

伝統工芸品の良さを知るには、使っていただくことが一番。伝統工芸品の販売を行う予定です。

 

技に出会う~実演・体験~

 

毎月一回程度、職人さんによる実演・体験を行います。職人さんの実演を見学し、伝統工芸の技を体験できる楽しいワークショップです。

 

荒川区立荒川ふるさと文化館

住所:荒川区南千住6-63-1