akimoto005
akimoto004
akimoto003
akimoto001

指物

さしもの

指物とは、ホゾをくんで、鏡台・茶だんすなどをつくる技術のことをいう。

秋元 良一

あきもと りょういち

昭和8年生まれ

桑の他にきはだや桐を使用し、鏡台・茶だんすなどをつくる。最近は、修理も手掛けている。

縁続きの渡辺禀三氏(元荒川区指定無形文化財保持者)の下で8年間、その後井上猪治氏(元荒川区指定無形文化財保持者)の下でも修業を積み、技術を修得した。

 

荒川区登録無形文化財保持者(平成元年度認定)

 

(町屋四丁目30番11号)