saito005
saito003
saito006
saito004
saito007

刷毛

はけ

刷毛は、着物・垂れ幕などの染料用刷毛が主で、鹿の天然毛を調合(選別)し、綿貫、油とりなどの工程を繰り返し、一本一本丁寧に作られる。

 

鹿の毛には一本一本空洞があり、染料が垂れないのが特徴。柔らかい刷毛で反物を染めると、優しく温かい色が出る

齋藤 正一郎

さいとう しょういちろう

昭和11年生まれ

 

齋藤佐太郎氏(元区登録無形文化財保持者)から技術を受け継ぐ二代目である。

 

主に北海道・京都・奈良の鹿毛を材料に、丸刷毛、引き刷毛、直し刷毛といった染物用の刷毛を中心に制作している。

 

荒川区登録無形文化財保持者(平成8年度認定)

 

(荒川二丁目35番5号)